美容外科エックス

tel098-859-7512 不定休 9:00~21:00

MEDICAL FEES

脂肪溶解・輪郭注射
injection lipolysis and contouring

2cc 10.000円
脂肪溶解・輪郭注射とは、脂肪・たるみの気になる部位に特殊な薬剤を注射することによって脂肪細胞を分解し、体外に排出して脂肪細胞数を減少させ、さらに皮膚・筋肉を引き締めリフトアップさせる治療です。
確実に脂肪細胞数そのものを減少させる為、理論上はヨーヨー現象(リバウンド)は生じません。
フランスで開発され、欧米では科学的根拠が提示されている肥満治療として承認されており、当院では欧米で確立されたプロトコルに厳密に従って処置を行うことで最大限の効果を追求します。
脂肪溶解プロセス
デオキシコール酸による脂肪分解

脂肪溶解・輪郭注射の成分

フォスファチジルコリン

フォスファチジルコリンは脂肪細胞の膜を破壊して、脂肪細胞に蓄えられたトリグリセリド(脂質)を遊離脂肪酸とグリセロールに分解します。遊離脂肪酸とグリセロールは水溶性のため、リンパや血液に入り体外へ排泄されます。
多くの成分の中で唯一、信頼性の高い医学的根拠が提示されております(処置を受けられる方で希望者には以下論文のコピーを差し上げます)。
「Metabolic and Structural Effects of Phosphatidylcholine and Deoxycholate Injections on Subcutaneous Fat」(Aesthet Surg J. 2013 Mar; 33(3): 400–408.)
また、ブリトニー・スピアーズやマライア・キャリーのような著名人がこの治療を受け、成功したことでも知られております。

デオキシコール酸ナトリウム塩

デオキシコール酸ナトリウム塩は脂肪細胞の膜を破壊する作用が強力なため、脂肪細胞の数自体を大きく減らし、セルライトも分解します。
脂肪溶解注射では溶解補助剤にデオキシコール酸を使用している薬剤も多く、その副作用である肝障害が問題となっております。
当院では、デオキシコール酸のアナログであるデオキシコール酸ナトリウム塩を用いることで安全性・効果を飛躍的に高めております。
また、デオキシコール酸ナトリウム塩は、肝血流量を増加させ肝臓機能も強化します。
脂肪細胞の分解に関して、その有効性がFDAにも認められております。

カルニチン塩酸塩

カルニチン塩酸塩は、脂肪溶解によって生じる浮腫・腫脹を速やかに解消し、脂肪をミトコンドリア内の燃焼回路に導くことで強力に脂肪を燃焼させます。

α-リポ酸

α-リポ酸は、脂肪の燃焼を促進し、抗酸化力も高めます。

カフェイン

カフェインは、組織の代謝を促進し、分解された脂肪の排出も促進します。

オメガCTP複合体

オメガCTP複合体(活性成分としてはパンテノール・L-アルギニン・L-プロリン・グリシン・コッパートリペプチド)は、神経から筋肉へ信号を伝えて筋肉を収縮させるアセチルコリンに類似した作用があり、リフトアップと肌の引き締め、そして肌質改善をもたらし、脂肪を減らしながらたるみを引き締めることを可能にします。
特にコッパートリペプチドは、コラーゲンの生成促進・抗炎症作用・創傷治癒や組織修復を促進しますので、瘢痕やニキビなど皮膚のダメージや、紫外線によるしわやたるみも修復し肌質を改善します。
またL-アルギニンは、オルニチンと尿素に分解され、角質の水分保持力を高め、表皮のバリア機能を構成・維持し、血液・リンパの循環を改善します。
そしてL-プロリンは、全てのアミノ酸の中で水分保持力が最も高く、コラーゲンの材料になります。

レスベラトロール

レスベラトロールは、最も優れた抗酸化作用を持つといわれるイデバエ注射の成分イデベノンの、17倍もの強力な抗酸化力を持ちます。近年、フリーラジカルの捕捉成分として老化を防ぐためには欠かせない物質と判明し、老化した皮膚組織の修復・再生を助け、肌に弾力や潤いを与えます。

メディカルハーブ

天然植物(メディカルハーブ)から抽出した成分で、脂肪・セルライトの分解、そして抹消血流・リンパの循環を促進し、脂肪の燃焼と老廃物の排出を促進します。
代表的なものに、セイヨウトチノキ(マロニエ)・ヒバマタ(ブラダーラック)・ペルシアグルミ・オキナグサ(アネモネプルサティア)・カラクサケマン・オーク根・エンバク・アーティチョークなどがあります。

その他

アデノシン三リン酸・チロシン・アデノシン三リン酸二ナトリウム・メチルプロパンジオール・マンヌロン酸メチルシラノール・ローザモスクエータ・ペンタペプチド-3・ヘキサペプチド-8・アセチルオクタペプチド-3・アスコルビン酸・レチノール・グルコン酸銅・バリンなどの有効成分があります。

症例

処置前と3回処置後約90日の変化
注射部位に腫脹や内出血が数日間生じる可能性があります。
詳細はCLINICAL CASESをご覧下さい
脂肪溶解・輪郭注射の症例写真

処置を希望される部位や体型・体質、受け入れられるダウンタイムなどはゲストによって様々です。当院では成分・作用の異なる評価が確立された数種類の薬剤を導入し、あらゆるご希望に応えることが可能な体制を整えております。


ご要望に応じた薬剤選択・配分・ブレンドなどは薬剤の専門家である薬剤師と連携し、万全を期しプロトコルに従った治療に臨みます。
レシチン(大豆)アレルギーの方は受けられない薬剤もございます。

脂肪溶解・輪郭注射の薬剤

食事制限などの医学的に正しくないダイエットを行うと、やせたい部分がやせる頃には全体の脂肪が落ちてしまい、筋肉も減少し更にやせにくい体になってしまいます。曲線美のあるボディラインは保ちつつ、部分的に引き締まった理想のボディに導くことが出来るのが脂肪溶解・輪郭注射なのです。


脂肪溶解・輪郭注射は食事制限や運動などをしないと効果が無いのですよね?との質問が非常に多いですが、そんなことはございません。
効果が不明な安価な薬剤は用いず、正規品を世界標準のプロトコルに従い正しく処置を行えば、そのようなことはせずに効果はあります。
食事制限や運動をしないと効果が無いというのはそもそも非常におかしな話で、つまり使用している薬剤が効果が無いあやしいものであるという証拠そのものですのでご注意下さい。

topに戻る