美容外科エックス

tel098-859-7512 不定休 9:00~21:00

principals

美容外科手術で、その後の人生に無限の可能性を与えることが出来たなら…
美容外科手術で、その後の人生に無限の可能性を与えることが出来たなら…
深野 雄一郎
深野 雄一郎

医師(厚生労働省 医籍登録番号 第481414号)
日本美容外科学会認定 美容外科専門医

(日本美容外科学会認定 第1227号)

麻薬施用者(免許 第31-205号)

Yuichiro Fukano M.D.
Board Certified Surgeon
1981年4月25日生 神奈川県横浜市出身
裸眼視力は両眼共に2.0超を誇り、その眼に見える手術野は他の医師とは別次元と定評。
BOTOX VISTA (ALLERGAN), Juvéderm Vista (ALLERGAN) を筆頭に、美容医療で行われる各種治療の正規認定医資格は全て取得済み。
経歴
  • 2009年3月

    国立宮崎大学医学部卒業。第103回医師国家試験に合格し医師免許取得(厚生労働省 医籍登録番号 第481414号)。

  • 2009年4月

    日米での外科研修開始。東北大学第一外科関連病院、Dartmouth-Hitchcock Medical Center (New Hampshire, US.)、Cleveland Clinic (Ohio, US.)にて。

  • 2011年4月

    先進医療で国内最大規模を誇る医療法人翔友会に参加。東京を中心として全国で美容外科・眼形成外科・口腔外科の研鑽・診療を行う。

  • 2014年4月

    同法人沖縄院開院に伴い、院長および優に200名を超える医師を擁する同法人において史上最年少で常任理事に就任。

  • 2016年5月

    第104回日本美容外科学会において美容外科専門医考査、史上最高得点でこれに合格(通常は試験成績が開示されることは無いが、稀な例であったため口頭試問時に試験官より称えられる。当該年度は試験難易度が非常に高く正規合格者がほとんどいなかったため、基準緩和により数名が追加合格した。)。最短年限で日本美容外科学会認定、美容外科専門医資格を取得。1948年創立の伝統ある日本美容外科学会において、史上245人目の正規の学会認定美容外科専門医となる(日本美容外科学会認定 第1227号)。

  • 2016年6月

    同法人本部の東京に招聘され、著名人や高難度症例を専門に手術を担当。併せて後進の指導を担当する。

  • 2016年8月

    西日本における美容外科屈指の名門、医療法人聖美会に移籍。顔面の美容外科の世界的権威であり、韓国美容外科学会の会長を務めるLIM Jong-hak医師に師事する。また、同法人那覇院の院長に就任。

  • 2017年1月

    自身の抱く美容外科の理想を現実化させるため、理想を一にする青木あづさとArt of Surgery Xを結成。沖縄県那覇市にCosmetic Surgery Xを開設、優秀なスタッフを束ねるPRINCIPALには各界のTALENTを招集し鉄壁の布陣とする。これまでモデル・タレント・アナウンサーなど多くの業界人の治療を担当し支持されてきた技術力の高さを基に、沖縄の美容外科に新たなる基準を打ち立てることで沖縄のゲストに資する。

青木 あづさ
青木 あづさ
X共同創業者
統括マネージャー
日本美容外科学会 会員(会員番号11569)
Adusa Aoki
Co-Founder
General Manager
深野医師より推薦

私はこれまで、美容外科という世界で優に500名を超えるスタッフと共に仕事をしてきました。その中で圧倒的な輝きを放っていたのが彼女、青木あづさです。ゲストへ向ける真っ直ぐな誠意、類稀な社交性、逆境を切り抜ける強靱な精神力、非常に高い志と相応の努力、常に前を見据え揺るがない姿勢…あらゆる点できらめく才能を見せつける彼女に、私は鮮烈な印象を刻み付けられました。それもそのはず、彼女はかの沖縄アクターズスクールにて華々しい芸能活動後は稀有な指導者として数多くの芸能人を育て上げ、

また気鋭のデザイナーとして業界から引く手数多の才能を持ち合わせたCHARISMAであったからです。そんな創造性の結晶のような彼女とこの世界で邂逅し、私の力となってくれたことが…美容外科医としての私にとってまさに運命でした。彼女から溢れ出すCREATIVITYの奔流が、Xそのものです。どんなことよりも優先して、まずゲストのことを考え最高の医療を提供する。この美容外科においてあらゆることに優先すべき点で、私と彼女は強く共感し同じ理想を抱きました。私達は、この理想の地でゲストの皆様をお待ちしております。

屋良 愛
屋良 愛
薬剤師(厚生労働省 薬剤師名簿登録番号 第470900号)
認定薬剤師(認定登録番号 第16-80261号)
Ai Yara
Certified Pharmacist
深野医師より推薦

私は、一般病院に勤めていた頃から数多くの薬剤師と共に働いてきました。その中で見つけ出したのが彼女、屋良愛です。薬剤師は薬の専門家であり、より良い医療を提供するためには医師にとっては欠かせない大切な仲間です。しかし、その立場柄か…医師の機嫌を損ねないようになかなか積極的な意見を言えない薬剤師も多いものです。そのような中で彼女は何よりもゲストのために、私に対しても躊躇せず疑義照会をかけてきますし、積極的に

新薬の情報も提供してきます。ゲストのためなら医師にも物怖じしないその果敢な姿勢、薬に対する深い興味と洞察、そして何よりも美容外科という診療科に対する十分な理解と術前後の薬剤選択における無類の正確さ…そのどれもが薬剤師として突出しており、文字通り三顧の礼で私が迎え入れました。彼女の存在そのものが、Xと他の美容外科を全く別次元のものとしています。

南 俊孝
南 俊孝
2000年3月 国立京都大学医学部卒業
医師(厚生労働省 医籍登録番号 第411204号)
麻酔科標榜医・認定医
日本麻酔科学会認定 麻酔科専門医
(日本麻酔科学会認定 第6923号)
Toshitaka Minami M.D.
Board Certified Anesthesiologist
深野医師より推薦

南医師は、医師として私の大先輩にあたる方です。私など到底足元にも及ばない程に優秀であり、持てる技術も他を圧倒しており、また人格的にも申し分無い素晴らしい医師です。私は大変な幸運に恵まれ、過去に南医師と2年半程一緒に診療にあたらせて頂きました。まだ医師として大変な未熟者であった私に、南医師はその卓越した知識と技術を授けてくれました。現在の私が

あるのは、文字通り南医師のご指導があったからに他なりません。あれから数年の時を経て、再び南医師と共に診療に臨めることに私は至上の喜びを感じております。何よりも大切なゲストを託す麻酔科専門医師として、南医師以上の存在はありえないと確信しております。南医師の存在が、Xに絶大な安全性と信頼性を付与しており、それは決して他の追随を許しません。

浅井 恭平
総指揮
浅井 恭平
Executive Producer
Kyohei Azai
東京大学法学部卒、米スタンフォード大学 MBA
The Boston Consulting Group 出身
深野医師より推薦

私が何よりもゲストのため、自らの理想を現実化するにあたりその命運を託したのが浅井恭平です。浅井は幼少の頃より私とまるで兄弟のように日々を過ごし時には兄と慕った、真に知己朋友です。明晰な頭脳・圧倒的なリーダーシップ・冷静沈着な状況分析能力・常に最適解を選び取る判断力など、その余りある天賦の才は完全に常軌を逸しており、私はこれまでの人生でFIXERである彼に数え切れないほど助けられての今日があります。此度、Xの盟主としてその辣腕を存分に振るってもらえることにより、Xが他と比肩し得ない存在となることを確信しています。

浅井より御挨拶

あまりにも純粋な、純粋すぎる人生哲学そして類稀な手術の才を持ち合わせた深野のことは誰よりも私が理解しています。しかし、その優しさから組織の中で埋もれてしまい不当に低い評価に甘んじてきたことも私は見通してきました。私は、私の弟とも言える深野に持続的競争優位性を築き多大なIMPACTを与えることでXを沖縄で他に並び立つものが無い存在にまず導きます。しかし、それすら我々が創造する新世代の美容外科の幕開け・序章に過ぎません。更なる華々しい舞台、正当な評価を受けた深野を彼が本来いるべき場所=日本の美容外科の輝かしいSTARDOMに私が必ずのし上げてみせます。

Rachel K. Anderson
Rachel K.希沙 Anderson
Chief of liaison division
アメリカ合衆国West Virginia 生まれ
The Boston Consulting Group 出身
CHAIRMANである浅井より推薦

コンサルティングファームにて世界中の医薬品・医療機器・医療材料業界で多大な業績を残した彼女の参加により、Xは圧倒的な競争優位性を獲得しました。海外の数多のメーカーから直接かつ安価に様々な正規品を入手することを可能とするネットワーク、国内未導入の最新治療・最新機器のどこよりも早い導入など、その全てはゲストの利するものとなります。そして、彼女のコネクションにより、世界中の著名な美容外科医の元に深野を送り込み、手術手技を極限まで高めてゆく更なるブラッシュアップも加速してゆきます。

また、Xは違いの分かる聡明なゲストの皆様に選ばれ続け、当初の想定よりもかなり早期に一定の地位・評価を獲得することが出来ました。しかし、この様なある程度の成功が私達の目的ではありません…私達の目指すものは遙か先にあります。来たるべき日、FUKANOという才能のWORLD Première、その栄光に向けて我々は次のSTAGEへ進みます。そこでpromotionを担うのが彼女であり、そして相応しい舞台となる次期プロジェクトG-central、その発案者でもあり最高責任者である彼女はXが誇る強大なWEAPONそのものです。

topに戻る